真間の名所とお堂

仁 王 門(におうもん)

弘法寺の表玄関「仁王門」。

両脇には、仁王様 「阿(あ)と 吽(うん)」が安置され表をお守りしてくださっています。

又、仁王門の扁額「真」の字には、鳩があしらわれています。 

こちらの鳩にも「阿吽(あうん)」の口になっていますので、来寺の折には注意して ご覧になってください。

祖  師  堂(そしどう)

宗祖日蓮大聖人。開基伊豫阿闍梨日頂聖人。第二祖富木日常聖人(常忍公)を お祀りしております。

平成22年に、宗祖日蓮大聖人御報恩・開祖日頂聖人第700遠忌記念事業として 多くの檀信徒からの浄財を頂き、建設されました。

客  殿(きゃくでん)

本殿と祖師堂の間に位置します「客殿」。 御守、御朱印、御朱題などを授与しております。 又、檀信徒の法事などに御利用頂いております。

本  殿(ほんでん)

宗祖日蓮大聖人が「真間釈迦仏御供養逐状」(まましゃかぶつごくようおいじょう) で示された檀越(だんのつ)の富木常忍公が発願(ほつがん)し、

日頂聖人が開眼(かいげん)したと伝わる 日蓮宗最古の木像をお祀りしております。

太刀大黒尊天堂(たちだいこくそんてんどう)

平成30年に、「里見龍神様」の御神体を安置してお堂の改修を終えた里見龍神堂です。 そこで、今回「里見龍神様」の御札を制作し一体500円にて皆様に授与させて頂いております。 毎月の御縁日と甲子の日には、そのお姿を御開帳いたしますので、皆様のご参拝を心よりお待ちしております。

赤  門(あかもん)

明治21年(1888)大火災のために、全山悉く灰燼(かいじん)に帰してしまいましたが、 ゆいつこの赤門だけが、消失を免れたと伝えられています。

手児奈霊神をお祀りし、良縁成就、無事安産、子育ての御利益で有名です。

歌川広重(名所江戸百景)の版画

「真間の紅葉 手古那の社 継はし」でも題材になっています。

里見龍神堂(さとみりゅうじんどう)

平成30年に、「里見龍神様」の御神体を安置してお堂の改修を終えた里見龍神堂です。 そこで、今回「里見龍神様」の御札を制作し一体500円にて皆様に授与させて頂いております。 毎月の御縁日と甲子の日には、そのお姿を御開帳いたしますので、皆様のご参拝を心よりお待ちしております。

浮嶋弁財天様は「八臂弁財天(八本の腕を持つ)」という弁天様です。 法華経・お題目をお唱える方々を御守護してくださいます。 又、浮嶋弁天堂を取り囲む形で『年間祈願・年間回向』の【旗】を 一本一万円にてご縁日の中でご祈願ご供養させて頂きます。

新年の初祈願も 1 1日から 3日(9時~15時)受け付けております。

浮島弁財天堂(うきしまべんざいてんどう)

古来より浮嶋弁財天様は、通称「弁天様の森」と呼ばれた真間川の中の小さな島に鎮座されていました。 ポンプ場の建設により現在の場所に移転されましが、真間川の守り神として地域安穏や参詣者の願い、 供養を聞いて下さる霊験あらたかなご守護神様でいらっしゃいます。

寂光土観音廟(じゃこうどかんのんびょう)

四季のいろどり豊かな境内で、優しい微笑みを浮かべ合掌しております

観音さま・・・ 

平成7年(1995)に、宗旨・年齢・性別を問わず永代供養を行う御廟として 建立されました。

慈母のごとき寂光土観音さまのお力は、人々を安穏な心へと導きます。

永代供養の御相談は、弘法寺 寺務所まで、お気軽にお越しください。

3月

鐘 楼 堂(しょうろうどう)

濃縁観音(のうえんかんおん)

2月

(おもいのまま)

伏 姫 桜(ふしひめさくら)

 4月 藤