弘法寺とは?

弘法寺とは?

真間山 弘法寺(ままさん ぐほうじ)

IMG_9847.JPG
ここ真間山、弘法寺(ぐほうじ)は奈良時代、天平九年(737)、行基菩薩がこの地にお立ち寄りになられた折、里の娘、手児奈の哀話をお聞きになり、いたくその心情を哀れに思われ、一宇(いちう)を建てて「求法寺(ぐほうじ)」と名づけ、手厚くその霊を弔われた。
それからおよそ百年ほど経た平安時代、弘仁十三年(822)に弘法大師(空海)が教えを弘められるためにおいでになられた時、求法寺を七堂伽藍に再建され、寺運を一新して、「求法寺」を「弘法寺」と改称された。

その後、鎌倉時代に入り、建治元年(1275)に、時の住持、了性法印尊信(りょうしょうほういんそんしん)と、中山法華経寺、富木常忍公(ときじょうにんこう)との間に問答があり、日蓮聖人は六老僧の伊予房日頂上人(いよぼうにっちょうしょうにん)を対決させられた。

その結果、日頂上人が法論に勝たれたため、爾来、弘法寺は法華経の道場となり、日頂上人をしてご開山とすることとなった。

当山は元亨三年(1323)に千葉胤貞公(ちばたねさだこう)より寺領の寄進を受け、天正十九年(1591)に徳川家康公より御朱印状を賜り、元禄八年(1695)には水戸黄門公が来詣された折、茶室を賞(め)でて「遍覧亭(へんらんてい)」と称された。

明治二十一年(1888)火災のため、全山、悉く灰燼(かいじん)に帰し、現在の諸堂は明治二十三年(1890)に再建されたものである。

弘法寺の守護神

手児奈霊神(てこなれいじん)

P9120135.JPG
その昔、この真間の里に手児奈という、それは美しい娘がいました。その美貌なるが故に手児奈をめとりたいと男たちは争ったといいます。心優しい手児奈は男たちが互いに争い傷つくのを厭って、ついに真間の入江に身を投げてしまいました。
 その手児奈の心情を里人があわれみ、祠をつくって手厚く葬り、この手児奈の話を語り継ぎました。万葉歌人、山部赤人がこの地をたずね、「われも見つ人にも告げむ葛飾の、真間の手児奈が奥津城処」と歌ったことから手児奈の物語は広く人の知るところとなりました。
 この薄命の手児奈を『良縁成就』『孝子受胎』『無事安産』『健児育成』の女神として祀ったのは、当山第7世日与上人で、文亀元年(1501)9月9日、上人の夢枕に霊神からお告げがあり、感受されたことから、爾来、産み、育て、生きる素晴らしさを守護する女神として多くの信仰を集めています。

太刀大黒尊天(たちだいこくそんてん)

IMG_9856.JPG
大黒堂に安置されている『福再来』の太刀大黒天神のご尊像は、日蓮大聖人が比叡山でご修行のとき、建長元年(一二四八)、そのお姿を感受され彫刻されたもので、以来建治二年(一二七六)御年五十五歳まで片時も離さず肌身につけて 奉持されたといわれています。
 その後、日蓮大聖人は太刀大黒天神を日頂上人に授けられ、 さらに真間山が法華経の道場になった折、当山に安置され今日にいたっています。実に珍しい太刀大黒天神尊像は『福再来』の利益を感受できるご尊像として信仰を集めています。

里見龍神(さとみりゅうじん)

IMG_0047.JPG
※現在編集中

濃縁観音(のうえんかんのん)

IMG_9876.JPG
※現在編集中

歴代住職①

歴代住職①

真間山の歴史を支えた先師上人


01. 伊予阿闍梨日頂 文保1・3・8 (1317)
02. 常修院日常    永仁7・3・25 (1299)
03. 日陽(揚)      正和3・3・11 (1314)
   日樹
   日宗
04.      日満 明徳4・1・8 (1393)
05.      日肇 長禄1・8・13 (1457)
06.      日隆 明応8・3・22 (1499)
07. 聚楽院日与  天文15・9・17 (1546)
08. 本妙院日眼 元亀1・7・6(16) (1570)
09.      日舜 慶長12・5・4 (1607)
10. 禅智院日感  寛永6・3・8 (1629) 飯高6世
11.      日立 寛永17・1・6 (1640)
12. 天理院日靖  明暦1・8・30 (1655)
13.      日深 寛文4・12・25 (1664)
14. 寿量院日祐  寛文4・7(5)・3 (1664) 飯高13世
15. 妙悟院日玄  宝永1・7・3 (1704) 池上22世
16. 智照院日英  元禄7・9・18 (1694) 飯高19世
17. 善恵院日貞  正徳2・11・5 (1712) 南谷2、飯高34世
18. 妙性院日延(莚) 正徳4・12・13 (1714) 比企谷23世
19. 成寿院日芳  宝暦5・3・24 (1755) 86才
20. 十門院日真  享保7・1・17 (1722) (加)立本寺29世
21. 法悟院日行  延享2・5・8 (1745)
22. 常求院日章  宝暦4・3・23 (1754) 64才 飯高88世
23. 玄首院日健  明和7・9・2 (1770) 74才 南谷19、飯高106世
24. 本寿院日利  天明5・4・3 (1785) 79才 飯高114世
25. 能持院日諦  安永3・5・16 (1774)
26. 宣示院日継  安永6・10・26 (1777) 68才 飯高137世
27. 信是院日謙  寛政2・2・18 (1790) 74才 飯高140世
28. 善是院日幽  天明8・8・12 (1788)
29. 禎詳院日洪  寛政12・6・22(1800) 池上34、村松33、飯高147世
30. 体妙院日統  寛政5・7・19 (1793) 73才 飯高152世

歴代住職②

歴代住職②

真間山の歴史を支えた先師上人


31. 妙解院日勢  寛政11・10・13 (1799) 80才 飯高155世
32. 福聚院日観  寛政10・7・8 (1798)
33. 妙善院日棟  寛政12・2・26 (1800) 飯高176世
34. 大円院日教  文化4・2・18 (1807)
35. 慈明院日洋  文化14・9・8 (1817)
36. 界如院日航  文化4・12・5 (1807) 飯高190世
37. 常運院日祗  文化3・8・13 (1806)
38. 英寿院日童  文化11・8・13 (1814) 飯高201世
39. 静正院日摂  文政4・6・13 (1821) 84才 飯高211世
40. 本是院日虔  文化12・8・10 (1815) 76才 飯高213世
41. 観是院日戒  文政3・2・24 (1820) 79才 飯高217世
42. 歓喜院日意  文政6・9・19 (1823) 78才 飯高226世
43. 妙智院日詳  文政8・10・16 (1825) 飯高231世
44. 輪成院日教  弘化1・11・11 (1844) 91才 飯高233世
45. 順政院日遉  文政8・9・15(16) (1825) 飯高243世
46. 円妙院日涌  文政9・1・5 (1826) 飯高244世
47. 体寿院日紹  文政11・11・1 (1828) 飯高246世
48. 妙解院日万  天保9・12・24 (1838) 飯高251世
49. 海慈院日暲  弘化3・8・1 (1846) 85才 飯高253世
50. 大覚院日隣  弘化4・1・6 (1847) 79才 飯高257世
51. 大解院日迥  弘化4・4・16 (1847) 81才 飯高261世
52. 聞持院日鷲  弘化4・7・26 (1847) 飯高276世
53. 玄悟院日正  嘉永4・1・1 (1851) 75才 飯高281世
54. 常好院日岱  嘉永4・5・15 (1851) 飯高287世
55. 順性院日操  安政5・9・24 (1858) 飯高294世
56. 常精院日訷  嘉永6・8・17 (1853) 飯高295、勝浦真福寺21世
57. 順智院日久  嘉永7・4・15 (1854) 飯高300世
58. 善正院日官  万延1・9・3 (1860) 飯高309世
59. 妙義院日伝  文久2・8・28 (1862)

歴代住職③

歴代住職③

真間山の歴史を支えた先師上人


60. 円乗院日良  文久2・8・20 (1862)
61. 文承院日順  万延1・7・3 (1860)
62. 玄収院日明  万延1・2・26 (1860)
63. 立成院日揎  明治11・1・13 (1878)
64. 大車院日軌  明治5・3・25 (1872)
65. 順妙院日幸  明治18・2・18 (1885) 飯高330世
66. 妙地院日亀  明治44・4・13 (1911) 池上68、中山114世
67. 進行院日環  大正2・12・22 (1913)
68. 義方院日精  明治33・11・28 (1900) (加)
69. 慈泰(泰雲)院日竜 明治38・11・21 (1905)76才 東山663、飯高360世
70. 謙光院日慎  昭和19・7・8 (1944) 池上74.池上実相寺25世
71. 境妙院日光  昭和27・12・15 (1952) 82才 池上75世
72. 慈光院日圓  昭和24・3・19 (1949) 76才 池上実相寺27世
73. 圓乗院日照  昭和28・10・8 (1953) 68才
74. 融妙院日正  昭和26・10・26 (1951) (加) 市川玄授院48世
75. 福寿院日光  昭和38・10・11 (1963) 69才
76. 玄行院日情  昭和57・8・12 (1982) 浅草経王寺30世
77. 慈攝院日健  昭和44・1・26 (1969) (加)真間亀井院45世
78. 慈誠院日恭  昭和49・3・30 (1974) (加)85才 小岩本蔵寺29世
79. 三寶院日顕  平成3・7・18 (1991) 横浜安立寺40世
80. 恵光院日慈
(酒井 日慈) 池上82.池上実相寺28世
81. 慈厚院日英  平成24・8・11(2012)  
82. 現董 鈴木日晋